30代女ができる副業って? ダブルワークがNGな理由

女の副業

本業できちんと働いていても、残業に対する法律も厳しくなってきているせいでお給料が上がらず、副業を始める女性は増えています。

30代女性のダブルワークで夜の副業がNGなワケ

ですが副業はあくまで本業メインで行わなければならないので、いくら稼げるといっても本業に支障が出てしまうような副業はいけません。ですから30代女性のダブルワークで夜の副業はNGです。お酒が入るので体も壊しやすいですし、体力的にキツイものです。

また、夜の副業は年齢の壁があります。会社勤めの人であればまだまだ若いとされる30代も、夜の世界では若い部類には入りません。時給が下がったり、指名が入らないことで思ったよりも稼げないことが多いです。そのうえメイク代や衣装代だけがかさんでお金が貯まらないというのが現実です。

30代女性におすすめの副業

30代女性におすすめの副業は自分の趣味やキャリア、特技を生かした副業です。とはいえ、本業の仕事で副業が認められていないということであれば大々的に顔出しができないので、どこかに出かけたり顔出しするような仕事は向かないと思われます。

そこで良いのが手作り雑貨販売やメールレディなどの家の中、自宅でできるものです。文章を書いたりすることが得意な人であれば、ブログのアフィリエイトなどで稼ぐ人もいますし、自分のブログを使って、自分の手作り雑貨などの宣伝をしてみても良いでしょう。

無料のツールを利用すれば開設のための費用もかからないので、効率よく稼ぐこともできるでしょう。手作り雑貨などは材料費をいかに安く抑えるかも稼げるコツになります。

節約することにも注目する

もし自分にできそうな副業などはないと思うのであれば、節約することにも注目しましょう。手作り雑貨の販売も、得意とする人はかなりいますから、良い出来栄えのものでもお金になるとは限りません。

材料費などのコストばかりがかかって損してしまうようではいけませんから、光熱費をできるだけかからないようにしたり、洋服は着回しを参考にして必要最小限のものだけを購入するようにしても良いでしょう。洋服1枚はとても安いものでも数千円するものがほとんどですから、その1着を買わないことでかなりの節約になります。

雑貨一つ売れても数千円にはならないことがほとんどですから、節約でムダなお金が出ていかないようにもしましょう。稼がなくても節約でお金がたまることも多いです。

一人暮らしで貯金できない理由って?

一人暮らしで貯金できない理由の一つには、節約することができない家賃を支払うということがあります。

家賃は毎月決まった額を支払わなければならないですし、その上光熱費などもすべて自分一人で払わなければいけないので、貯金までまわらないことがほとんどです。食費、日用品代などは安いものを見つけることもできますが、固定費は見直しがなかなかできないのが難点です。

ですから家賃の安いところを見つけるのはもちろんですが、周囲の環境が良いところも見つけましょう。家賃が安くても駅から遠かったり、周囲にお店が何もないようなところは結局交通費がかかり、買い物や遠くにお出かけも頻繁にできないことから出費が多くなってしまうので注意です。

副業で月5万稼ぐならOLにはライターがおすすめ?

副業を始めたとしても、材料費などがかかる雑貨販売などは月に多くの収入を得ることは難しいでしょう。趣味と兼用というようにとらえればお得だということもありますが、たくさんの収入を得ることを優先にしたいのであれば、ライターがおすすめです。

ライターは1文字いくらというように単価が決まっていることがほとんどですし、文字入力に慣れているOLであれば難なくできますし、また自宅にパソコンがあればすぐに始めることもできるので手軽です。副業で月5万稼ぐならOLにはライターがおすすめだといえるでしょう。

ですがライターも最初からたくさん稼げるわけではなく、実績と経験が必要です。また、できるだけ単価の高い仕事を見つけることも必要です。

コメント