楽して生きたい女がすべきこととは?

女の副業

「女だから楽して生きたい」「すぐ家庭に入りたい」そう思うのはいけないことでしょうか。いいえ、みんな一度は考えていることですよ。

楽して生きる方法を学び、実践してみましょう。

楽していきたい理由

女性にもバリバリ働いて人生を充実させる選択肢も残っていそうですが、まだまだ男尊女卑だからや女性の活躍モデルが見えないからという理由で楽して生きていくことを目指す女性も少なくありません。

企業の中で女性が昇進するために頑張っていると、足を引っ張ろうとする男性社員は少なからず存在します。男性の嫉妬心は、ある意味女性よりも陰湿なことも少なくありません。

ネットの登場で将来が見えてるから、わざわざ苦労して働く必要性を感じないという女性も多いです。そういった女性はSNSなどをフル活用して人脈を広げており、自分のファンなどを獲得しています。その中から経済的に余裕がある人をパートナーに選べば、将来が約束されているという訳です。

専業主婦になれば楽に生きれる?

専業主婦も楽ではないという話を耳にすることもありますが、はっきり言うとそれは建前です。確かに子供が生まれて数年間は、ゆっくり眠る暇もないほど大変ですが子育てを乗り越えると本当に楽に生きることが出来ます。

子供が学校に行っている間は、自分の自由な時間です。近頃はロボット掃除機や全自動洗濯乾燥機もあるので家事にかける時間は、工夫次第で大幅に減らすことが出来ます。

自分が働かなくても経済的な基盤が成り立っているということは非常に楽なことなのですが、怠けていることを指摘されないように忙しさを装っているのが実態です。

自分が自由に過ごせる時間を、お金をかけずに送ることが出来れば非常に楽に生きられます。ですので、お金のかかるママ友との交際は距離を置くことが必要です。

離婚してしまえば地獄が待っている

自分の自由な時間をショッピングやパーソナルトレーニング、エステなどお金を出費するようなことに使っていると夫から離婚を突き付けられてしまう可能性があります。

そうなると、後は地獄が待っていることになるのです。すっかり贅沢することに慣れてしまった状態から、自分でお金を稼いで子供を育てていく状態に環境が一変することになるからというのが理由になります。

専業主婦だった女性が働き始めるとなると、働いていない期間であるブランクが長いので時給が高い仕事に就くのは困難です。いくら働いても経済的な余裕は生まれず、自分が苦しむだけではなく子供にも勉強が出来るのに経済的な理由で大学に進学させることが出来なくなるなど迷惑をかけることになります。

自分で稼ぐ力も必要になる

結婚していて経済的に働く必要がなくても、自由な時間をお金をかけて贅沢に過ごしたいのであれば自分自身でお金を稼ぐ能力を身に付けておく必要があります。自分でお金を稼ぐことが出来ていれば、万が一夫との関係が悪化して離婚に至ってしまったとしても、地獄の様な事態を防ぐことが可能です。

また、子育てが一段落した直後に働き始めるようにすれば再び働き始めるまでのブランクが比較的短くなるので、より一層復職しやすくなります。そして働くことによって、お金を無駄に浪費しがちなママ友からのランチなどの、お誘いを仕事を理由に断りやすくなる面でも便利です。専業主婦だと狭くなってしまいやすい人脈を、広げることにも繋げることが出来ます。

稼げる副業をピックアップ

専業主婦だった人が働くといっても、楽に稼げる方が良いに越したことはありません。ですので比較的稼ぎやすい副業を挙げていきます。派遣型メンズエステは稼ぎやすくエステと言っても資格を取得しているエステティシャンのような技術力が必要な仕事という訳ではないので、おすすめです。

チャットレディはマッチングサイトで、会員の話し相手になる仕事となっています。話し相手になるだけなので、これこそ未経験者でスキルを身に付けていなくても気軽に働き始めることが可能です。昼キャバは、文字通り昼間に営業しているキャバクラのキャバ嬢として働くというもので、結婚する前にキャバ嬢として働いていた経験があれば比較的挑戦しやすい仕事であると言えます。

コメント