女が楽して生きる方法とは? 生きづらい女性がらくする方法

Uncategorized

女が楽して生きる方法、これをテーマにして意見を集めると実に様々なコメントが寄せられます。

考え方によって楽にも苦しくもなる

玉の輿や大金持ちの愛人、物を持たないようにするミニマリストへの切り替えや食洗器などの家事を代行してくれるマシンの使用などです。前者については「そんなのありえない」といった反論があるものの、後者についてはあまり反論はないと言えます。

その理由は後者が現実的に楽をしているからです。

夢物語のために無謀な事をせず、自分が出来る範囲で生活を改善するスタイルはその気さえあれば誰にでもできます。つまるところ、考え方を変えることこそが楽になるための第一歩です。

例えば楽天家でマイペースな人と真面目で神経質な人に対し、仕事のミスを指摘して叱ったとして受け取り方は違います。このように楽になるための考え方こそが現実的であり、生きていくためのコツです。

楽に生きるにはお金に執着しない

お金を持てば持つほど幸せとは限りませんが、少なくとも多くあれば生活が豊かになるのは間違いないです。実際に日々、生活費を稼ぐために幅広い世代が社会で働いています。

しかしお金を求めてしまうと体が持たないです。

何故ならお金を稼ぐという行為は体を動かし、休む時間を削る事を意味しています。極端ですが、過労死してしまうのはお金でなくても執着しているからです。

だからこそ、お金への執着心を手放せば楽になれます。お金への執着を減らすために、副業でお金を稼ぐ方法もあります。

気にしないようにしてたとしても仕事をする以上、ノルマを果たさなくてはならない義務感とそれに伴う緊張感は無意識にあるものです。

そうでなくても諸事情で収入がいつもより低くなるとパニックなりがちですが、それはそれで適した生活に切り替えれば良いだけと言えます。むしろ着飾った状態を頑張ろうとする姿は、貧乏臭いくなってしまうでしょう。

楽に生きるには人に頼り過ぎない

生きていくうえで他人の存在からは逃げられないです。

人の目や評価など楽な生き方をさせない要因はたくさんありますが、なかでも他人に頼ってしまう生き方は現実的に自身を追い詰めていきます。

女である場合、収入を他人に任せる選択として結婚はありです。

実際に結婚し、子供がいない専業主婦として生活している女性はいます。けれども今度は収入を得るために稼ぐ側に対して不満を抱くようになりがちです。

そこはひとえに親しいからこそ浮き彫りになる視点ですが、人間は感情の塊なのでその不満が爆発してしまう恐れがあります。それを避けるためには他人に頼らず、自分で意思決定したり行動を起こしたり等アクションをしていく事がおすすめです。

楽に生きるには笑う時間を増やす

人間とは究極的に追い込まれれば笑う生き物です。

こうした笑みは絶望しているからこそ生まれる表情ですが、「笑い飛ばす」という言葉があるように笑みとはストレスを吹き飛ばす効果があります。現に、体内に害を及ぼすがん細胞やウィルスを撃退する力を持つナチュラルキラー細胞は笑うと活性化し、免疫力が強化される事が確認済みです。それだけではなく、幸福感及び鎮静効果、自律神経の向上など体に良い効果が様々挙げられます。

笑う事を心がけるだけでも健康に良いですが、笑いのネタを探すようにするだけでも前向きになっていくものです。楽な生き方をするためには考え方の改善が求められるため、笑う時間を増やす事はその改善に繋がります。

楽に生きるには人に感謝する

人に感謝しながら生きる、たったこれだけで楽に生きる事ができます。

感謝とは自分に運や良い事をくれた事に対するお礼で、落ち着いて周囲を見て考えれば一目瞭然です。例えば子供がいない専業主婦にしてみれば、収入や居場所を与えてくれる夫にはお礼が尽きないと言えます。

こうした当たり前のことに素直になり、「ありがとう」と言うだけで自身の生活が満たされているという実感が得られるわけです。

感謝できない場合はひねくれた性格をしていたり面倒だったりなど多種多様な原因が考えられるものの、余程根深い事情でもない限り、常日頃言葉や態度で感謝をするようにすれば心が楽になっていきます。

感謝をしていけば心が穏やかになり、日常を愛する事が可能になるはずです。

コメント