働きたくない女がすべきことは?

Uncategorized

働きたくない女性は昔と比べて増えていると言われています。時代の変化も背景としてありますが、家事の分担率が高すぎることは大いに関係しています。

なぜ働きたくない女性が増えているのか?

今は女性も外で働く時代になっており、仕事と家事両立が非常に厳しくなっているのです。根強く残る女性格差もあり、男性と比べて給与が少ないのも問題です。

給与とモチベーションは比例しますので、給与が少ないとやる気が出ないのは至って普通でしょう。産休・育休の現実の問題も厳しく、女性が安心して子育てするのが難しくなっています。

こうした女性に対する風当たりの強さがストレスとなり、働きたくないと感じる人が増えているのでしょう。楽して生きたいと考えるのは決して悪いことではないので、働きたくない人は副業を始めてみるなどの工夫が必要かもしれません。

働くことが嫌いな女性もいる

働くのが大好きという女性もいれば、働くのが嫌いな女性もいるでしょう。これは適性の問題もありますし、仕事との相性も関係してきます。日本では怠けるのはいけないという風潮がありますが、楽になりたければ自分に正直になってみるのが一番です。

働くことが嫌いなことは決して悪いことではなく、多くの女性が同じように思っています。仕事には大きな責任を伴いますので、ストレスも溜まってしまうでしょう。ストレス過多の状態が続くと、メンタルが病んでくる可能性があります。

そうなるとうつ病などを発症して、長期的に仕事ができない状態になりかねません。そうなる前に対処する必要がありますから、働きたくないと感じたときは思い切って休んでみるのも手です。

専業主婦志望だが、働かざるを得ない女性もいる

昔は女性が専業主婦になるのは当たり前でしたが、現在は事情が変わってきています。サラリーマンの平均年収が減少していることからも、世帯年収自体が減少しているわけです。

そうなれば女性が専業主婦に従事するのは難しく、何らかの収入源が必要という状況になりかねません。働きたくなくても生活が厳しいならば、働かざるを得ないのは普通です。女性の場合は家事の役割分担が大きいため、フルタイムで働くとなると男性以上に厳しくなってきます。

厳しい生活が続けば楽して生きたいと思うのは当然のことで、働きたくないと考えるのも至って自然でしょう。専業主婦になりたいけど外で働くのは難しいという場合は、副業に挑戦してみるのも手です。本業以外の収入源を確保できれば、今よりも生活が楽になるでしょう。

結局、なんらかの収入源は必要

楽をしたいと考えているのは女性にも男性にも共通しています。仕事が楽しくて大好きという状況は最高でしょうが、そうした人は非常に少ないのが現実です。

楽して生きたいと考えるのは決して悪いことではないので、今の仕事が辛いならば別の選択肢を考えてみましょう。とは言っても無収入になると生活が成立しませんので、なんらかの収入源は確保しないといけません。

収入のパイプは多ければ多いほどよく、副業を持っていれば気持ちに余裕が生まれます。最初はお小遣い稼ぎのつもりで始めた副業が、最終的に本業を超えたという人は少なくないです。

働きたくないと考えるのは決して悪くはありませんが、その前に嫌な仕事をしなくてもよい方法を考えてみる必要があります。

楽してお金が稼げる副業もある

女性は男性よりも高額を稼ぐのが容易だと言われています。もちろん会社員として働くとなれば男性に収入で負けてしまいますが、女性はバイト関連では男性以上に稼げるのです。

例えばチャットレディやガールズバー、パパ活などで高収入を得ている女性は少なくありません。専用のマッチングサイトも登場しているくらいです。

やはりお金は楽をして稼ぎたいと考えている人が多いはずです。楽をするということは肉体的・精神的な苦痛を抑えられることを意味します。大金を稼ぐことができても、メンタルを病んでしまうようでは幸せとは言えません。

楽をして稼げる副業を活用すれば、短期間で高収入を得ることが可能です。そのお金を元手にして自分の店を持ったり、セミリタイアしたりする選択肢を選ぶのもありでしょう。

コメント